中古物件リフォーム費は平均298.7万円

2018.05.01

中古物件リフォーム費は平均298.7万円

#お金 #リノベーション #リフォーム #売買 #購入

注目される中古物件購入+リノベーション!
中古物件を購入し、リフォーム・リノベーションを行って住むという新たな選択肢が注目されています。今回は中古住宅購入者を対象に実施したリフォームに関する調査結果を一緒にみていきましょう!


●リフォームにかけた費用
中古住宅購入者全体では、50万円以上500万円未満が70.2%と圧倒的に多く、平均額は298.7万円でした。リフォーム実施者全体では、50万円未満も3割強みられたほか、平均が218.5万円と中古住宅購入者に比べ80万円近く低い値になっていました。中古戸建物件購入者に絞りこむと、リフォーム費用が高めになることが分かりました。

購入物件種別では、中古マンションの購入者は50万円以上500万円未満の割合が高く74.5%、50万円未満は13.7%にとどまっています。一方、中古戸建住宅の購入者の場合、50万円未満も14.4%あるものの、500万円以上の人が22.7%と比較的多い傾向がみられました。平均額では中古戸建住宅購入者が中古マンション購入者を100万円強上回り、362.3万円となっています。

・中古住宅購入者全体
50万円未満:13.9%
50万円以上500万円未満:70.2%
500万円以上:15.9%
平均:298.7万円

・中古マンション購入者
50万円未満:13.7%
50万円以上500万円未満:74.5%
500万円以上:11.7%
平均:260.6万円

・中古戸建住宅購入者
50万円未満:14.4%
50万円以上500万円未満:62.9%
500万円以上:22.7%
平均362.3万円

 

 

リフォームした物件やリフォーム箇所
リフォームした物件の築年数は、半数が20年以下でしたが、築31年以上が23%近く、経過した物件の購入者も少なくありません。とくに500万円以上の費用をかけた人は、築31年以上が34.6%で最多でした。

リフォームの実施箇所ではやはり水回りが上位を占めています。1位が「浴室・バス」、2位「キッチン」、3位「リビング」、4位「トイレ」、5位「洗面」でした。

・リフォーム物件の築年数

1~10年:10.9%
11~20年:38.2%
21~30年:27.2%
31年以上:22.5%
不明:1.2%

・リフォーム実施箇所
浴室・バス:43.5%
キッチン:42.4%
リビング:39.1%
トイレ:38.2%
洗面:35.0%
洋室:30.1%
和室:29.3%
ダイニング:27.1%
家全体:24.3%
廊下:14.0%
収納:13.1%
玄関:10.7%

・リフォーム会社と工事契約するまでの日数
30日以下:25.2%
31日以上60日以下:38.6%
61日以上90日以下:20.1%
91日以上120日以下:7.9%
121日以上150日以下:3.5%
151日以上180日以下:1.2%
181日以上:3.5%
平均:61.0日
中央値:48日

・工事契約から工事完了までの日数
30日以下:21.2%
31日以上60日以下:36.6%
61日以上90日以下:21.8%
91日以上120日以下:11.0%
121日以上150日以下:3.8%
151日以上180日以下:2.5%
181日以上:3.1%
平均:66.8日
中央値:53日

最後までお読み頂き、ありがとうございます。
今後も皆様のお役に立つ内容をお届けしてまいりますのでご期待ください!

(画像はプレスリリースより)

株式会社ホームプロ プレスリリース
調査内容・「2017年 リフォーム実態調査 -“中古を買ってリフォーム”編-(株式会社ホームプロ)」)

中古物件リフォーム費は平均298.7万円