中古住宅成約件数が過去最高

2017.04.18

中古住宅成約件数が過去最高

公益財団法人東日本不動産流通機構(東日本レインズ)は17日、首都圏における2016年度(2016年4月~2017年3月)の不動産流通市場動向をまとめたデータレポートを公開しました。中古マンションや中古戸建住宅の成約件数が、過去最高を記録するものとなっています。

中古住宅成約件数が過去最高

2016年度の首都圏中古マンション成約件数は37,446件で、前年度より6.7%増加、2年連続で前年度を上回る件数となり、これまでの調査でピークとなっていた2013年度を超え過去最高になりました。エリア別にみても、全都県・地域で前年度超えとなり、とくに東京都区部では前年度比11.5%アップとなっています。

成約物件の平米単価は、首都圏平均で48.43万円となり、前年度から5.4%上昇しました。こちらも全都県・地域で上昇しており、首都圏平均の前年度比プラスは、4年連続になります。成約物件価格としても3,078万円と、1994年以来22年ぶりに3,000万円の大台にのりました。価格帯別の分析では、3,000万円以上の各価格帯における成約件数の増加がみられており、全体に対する比率も拡大してきていることも判明しています。

成約物件の平均専有面積は63.54平方メートルで、前年度から0.4%縮小、平均築年数は20.38年となりました。2016年度における新規登録件数は、193,520件で、前年度比4.7%の増加、エリア別では、千葉県と横浜・川崎地域を除く都県・地域で前年度を超える登録がありました。

次に中古戸建住宅の成約件数は、13,036件で、前年度比3.1%の増加、こちらも2年連続の増加で過去最高となります。エリア別にみると、横浜・川崎地域は前年度比マイナスであったものの、それ以外では前年度を上回りました。

成約物件価格は、首都圏平均で3,035万円と前年度比1.1%の上昇、3年連続の価格上昇になり、3,000万円台での推移となっています。平均土地面積は148.43平方メートルと、前年度から1.3%縮小、建物面積も105.59平方メートルで、前年度比0.7%の縮小になりました。平均築年数は20.89年です。

2016年度の新規登録件数は60,937件で、前年度より7.3%少なく、3年ぶりにマイナスとなりました。新規登録の物件価格は3,743万円で、6年ぶりに前年度比プラスへ転じ、3.8%の上昇を記録しています。

 

中古住宅成約件数が過去最高

新築の物件価格も上昇へ、土地は成約件数で過去最高

2016年度の首都圏新築戸建住宅をみると、成約件数は5,341件で、前年度比9.4%の増加、2年連続で前年度を上回りました。エリア別でも、横浜・川崎地域を除く都県・地域で前年度比プラスとなっています。成約物件価格は首都圏平均で3,561万円となり、前年度比4.3%上昇、3年ぶりにプラスへと転じました。およそ3,500万円前後で推移しています。

成約物件の土地面積は、119.11平方メートルと、前年度比0.2%の拡大、建物面積は98.33平方メートルで、0.05%とわずかながら縮小しました。新規登録件数は74,547件と前年度比0.2%の増加で、2年ぶりに前年度を上回りました。新規登録物件の価格は3,923万円で、前年度比4.3%の上昇、6年連続の価格上昇となっています。

100~200平方メートルのものを対象とした土地流通の概況では、成約件数が6,112件となり、前年度比2.3%増で2年連続の増加、過去最高を記録しました。エリア別では、東京都区部と神奈川県が前年度を割り込んだものの、それ以外の都県・地域では前年度比プラスです。

成約物件の平米単価は首都圏平均で19.28万円となり、前年度から0.1%とわずかながら下落となりました。一方、成約物件価格では2,795万円で、前年度比0.6%の上昇となっています。新規登録件数は45,273件と、前年度から12.1%マイナスの大幅減少で、6年ぶりに前年度を下回りました。登録価格は2,923万円で、前年度比1.9%の上昇になっています。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。
今後も皆様のお役に立つ内容をお届けしてまいりますのでご期待ください!

(画像は東日本レインズ 首都圏不動産流通市場の動向 2016年度公開資料より)

公益財団法人東日本不動産流通機構 首都圏不動産流通市場の動向(2016年度)公開資料