不動産購入のベストタイミングはいつ?

2017.11.29

不動産購入のベストタイミングはいつ?

大きな買い物だけに、買うタイミングがつかみにくい

お客様にとって、マイホームを持つことは念願の夢であることが多いですが、不動産の購入となると、多額の頭金の用意や、長年の住宅ローンが発生することから、「どのタイミングで不動産を購入すれば良いのだろうか」と悩んでしまう方も多いです。

最も多いのが、①子どもが小さい段階である20代から30代前半が良いか、それとも、②収入が増加する30代後半から40代が良いのか、というお悩みです。不動産会社としてお客様のコンサルティングをするためにそれぞれのメリット・デメリットを見てみましょう!

20代から30代前半で購入した場合のメリット

はじめに、20代から30代前半で購入するケースについてみていきます。
早い段階で住宅ローンを組むので、定年退職を迎える前にローンが終了できる可能性があります。すると早期に支払いから解放されるので生活に余裕を感じやすくなることでしょう。
また、子どもが小さい段階で一戸建ての住宅を購入できれば、周囲の騒音を気にすることなく、のびのびと子育てができるメリットもあります。

20代から30代前半で購入した場合のデメリット
収入が低い場合には住宅ローンが家計を圧迫する可能性があります。そのような状態を防ぐためには、毎月の住宅ローンの支払額を収入の2割程度にとどめておくことです。人生におけるさまざまな出費に備え、余裕を持った家計運営をお勧めすることも大切です。

そのほか、人生の早い時期に不動産を購入すると、定年を迎えた頃に住宅が築30年から40年程度となり、住宅のリフォームが必要になることも考えられます。住宅ローンが終了した後も、リフォームによる出費に備え、毎月貯蓄しておくことを心がけましょう。

30代後半から40代で購入した場合のメリット
30代後半から40代になると、収入が比較的多いため思い通りの不動産を得やすいです。収入に余裕がなければ、家族の要望を取りいれられない場合がありますが、収入に余裕があれば、家族の要望を取りいれやすく、満足のいく住宅を建築できることでしょう。

また、この時期までに定期的に貯金をしていれば、不動産購入の頭金を多く用意することも可能です。頭金が多ければ、余裕を持って不動産を購入しやすくなります。

30代後半から40代で購入した場合のデメリット
デメリットは、定年退職後も住宅ローンを支払い続ける可能性がある点です。定年退職すれば退職金は得られるものの、退職後の収入は基本的に年金収入のみとなり、貯金を取り崩しながら生活しなければならないことも考えられます。しかし、なんとかして定年退職までに住宅ローンを終わらせようとすると、月々の住宅ローンの支払額が増え、生活が苦しくなりがちです。

そのような状態を防ぐためには、退職後の生活設計まで考えておくと良いでしょう。定年時にどれくらいの住宅ローンが残っているか、退職金による一括返済は可能か、それとも、退職後の住宅ローン返済のために今から月々貯金をしておくのか、あらゆるパターンをお客様に想定して頂くことが大事です。

「買いたい」と思ったら、具体的に検討するタイミング
 不動産を購入する場合、どの年齢層で購入しても、なんらかのデメリットは生じやすいものです。大切なことは不動産を「買いたい」と思ったときに、具体的な検討を始めることです。

不動産の価格はいくらで、

頭金はどのくらい用意できるのか、

現在の収入はどのくらいで、

毎月どれくらいの住宅ローンが支払い可能なのか…。

ということを綿密に計画することで、不動産購入におけるお客様の問題を少なくすることができます。

現状を見据え、そして、将来の人生設計も考慮しながら、不動産の購入を検討して頂けるようサポートしていきたいものですね。

(画像は写真ACより)